痛風のせいで腰痛も発症するので注意です

痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。
病名のとおり、風に吹かれただけでも痛いと言われるほどの激痛を引き起こすことが特徴です。
痛風は西洋では古くから存在していた病気ですが、日本では明治以前まで存在していなかったといわれています。

この病気が増加したのは、食生活が欧米化した1960年代以降と考えられており、現在では日本の痛風患者数は約60万人といわれ、その90%が男性です。
しかし、閉経後の女性も多く発症しており、また現在では成人男性の5人に1人は痛風予備軍といわれるほど増加の一途をたどっています。
同時に、従来は中高年の男性に多かった病気にも関わらず、20~30歳代の若年層にも目立ってきています。

痛風の原因の一つとして知られる物質がプリン体ですが、このプリン体は食品に含まれ、体内で尿酸に変わります。
「痛風と言えばプリン体」というイメージが強く、確かに多く含まれる食品を食べ過ぎることはよくないです。
ほとんどすべての食品にプリン体自体は含まれており、また体の細胞を作るためにも欠かせないものであります。
ただやたらと避けるのではなく、適切にバランスよい食事を摂取することが大切です。
また、ストレスも尿酸値を引き上げる要因となるため、精神的な安定も発病・再発防止や病状管理に重要になってきます。

痛風は、ある日突然、足の親指が痛みとともに赤く腫れ上がり、締めつけられるような激痛で足を動かすこともできない、という痛風発作と呼ばれる症状が発症します。
その発作が3日くらい続き、その後少しずつ強くなっていきますが、10日もするとウソのように痛みが消えます。
しかし、それは決して治ったわけではなく単に病気が潜伏しているだけで、ここで放置してしまうと半年から1年ごとにその発作を繰り返し、足の親指以外の関節まで腫れと痛みが広がり、痛風発作の間隔も短くなっていきます。
そして関節だけでなく、腎臓にも症状が広がり、腎臓の働きが悪くなって尿路結石や最悪の場合、尿毒症が起こるのです。
痛風は早期発見が重要な病気です。
時間がたてば治るからという誤解には、注意が必要です。

膝の痛風が出たら腰を痛める前に薬を服用すべき

痛風は前述したとおり、発作を繰り返しているうちに、痛風結石と呼ばれる物質が足首や膝の関節に沈着し、膝などの関節が腫れあがり激痛を起こし、その痛みの発作の間隔も短くなります。
本来は、体の中心部分よりは、手足や膝などに症状が出るものですが、まれにこの痛風結節が腰の部分にあたる椎間板に付着し、痛みを引き起こす場合があります。
腰痛まで痛みが出現するようになってしまうと、すでに慢性痛風に移行している可能性も高いため、膝に異常を感じたら腰痛まで悪くなる前に、必ず受診しましょう。

また、痛風により腎臓が悪くなってしまうと、尿路結石を起こす可能性があるのです。
尿路結石は高尿酸血症になることにより尿が酸性方向に傾くことで尿酸が溶けにくくなり、尿から出る量が減ってしまい、体内に結石と呼ばれるカルシウムの塊ができやすくなる病気です。
この尿路結石は、突然「七転八倒の痛み」と形容されるほどの激しい腰痛が出現することが特徴で、その時点で発症に気が付く人が多いのですが、まれに痛風の症状より先にこちらの尿路結石の症状が発症する人がいます。
また、もともと腰痛を持っている人だと、腰痛を我慢してしまい、両方の病気を悪化させ、重症の慢性痛風にまで移行してしまう可能性もあるので、決して放置してはいけません。
少しでも異常を感じたら、速やかに病院を受診しましょう。

痛風の治療は、痛風関節炎の治療と、その背景にある高尿酸血症の治療の2つに分けられます。
前者は急性と慢性の炎症を改善させることが目的で、非ステロイド系の消炎鎮痛薬を使用します。
後者に対しては、生活習慣改善や尿酸降下薬の服用による薬物治療が行われます。
痛風は再発率も高い病気であるため、適切な薬の服用管理と、日々の生活管理が必要になります。
軽度のうちに治療できるよう、自分の体調の変化に注意しましょう。